映画「ラストレター」はどんな人にオススメ?(感想・レビュー)25年間、ずっと愛していました。

目次

好きなシーン(ネタバレあり)

映画「ラストレター」公式Twitter

 僕が好きだったシーンは、回想中、鏡史郎と美咲が二人で「卒業式あいさつの原稿」を考えるシーンです。

 あのシーンの「あのラブレター君が書いたんじゃないの?」「僕に決まってるだろ、当たり前だろ」みたいなやり取りが心に刺さりました。(こんな経験したことは1ミリもありません。)

 青春してるなあと心が締め付けられるのと同時に、そのころの美咲との記憶から、鏡史郎はまだ抜け出せていなかったんだろうなと思わされるシーンでした。
 今回の様々な出会いを機に鏡史郎は1歩踏み出せていたらいいなと願うばかりです。

 もう1か月早ければ良かったのに、とか、いや森七菜演じる裕理も可愛すぎるだろ、とか思ったりもしましたが、そんな邪念は捨て去りましょう。

さいごに。

 個人的にすごく好きだった作品なので、かなり偏った感想かもしれません。笑

 皆様の感想も是非お聞かせください。

 また今年の夏にもう1回見返そうかな。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

服と音楽と映画。主にインスタで音楽や好きなものについて語ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる